記事一覧

2021年 IWC ポルトギーゼ・オートマティック IW500714

图片描述

ポルトギーゼ・オートマティック
Ref:IW500714
ケース径:42.3mm
ケース厚:14.2mm
ケース素材:ステンレススティール
防水性:3気圧
ストラップ:ブラックアリゲーター
ムーブメント:自動巻き、Cal.52010(自社製)、毎時28,800振動、31石、ペラトン式自動巻き機構、秒針停止機能付きスモールセコンド、7日間(168時間)パワーリザーブ
仕様:バーガンディダイアル、シースルーバック


一年間の限定生産、IWC【2021 新作】「ポルトギーゼ・オートマティック IW500714」

スイスのブランドのIWCは、新作モデル「ポルトギーゼ・オートマティック」を発表した。IWC スーパー コピー新作「ポルトギーゼ・オートマティック」は、大胆な赤のダイアルとマッチしたラバーストラップが特徴で、エネルギッシュな暖かさが感じられる。このモデルは2021 年末までの限定生産となる。

この新しいデザインは、これまで伝統的なカラーパレットを使用してきたIWCにとって大きな一歩となる。ただし、持続可能な開発目標を支援するモナコ公国アルベール2世財団のために2020年9月に製作された1点もののレッドのタイプ3「MC」は例外であり、今回のニューモデルもここからインスパイヤ―された。

「タイプ1 スリム」は、オリジナルの「タイプ1」をより薄く、より合理的に進化させたモデルとして、2019 年に初めて発表された。このモデルは、厚さ13mm から11mm へとスリム化されたケースだけでなく、一体型のケース形状へと移行したことも特筆すべき点だ。ケースとラグをグレード5 のチタンの1 つのブロック(塊)から削り出し、よりスマートでモダンなシルエットを実現している。「タイプ1 スリムレッド」は、ケースからストラップへのスムーズな流れが、鮮やかな赤のインパクトを強めている。

視認性と使いやすさを重視するIWC社の方針に基づき、レッドの文字盤にはホワイトの針とペールグレーのミニッツマーカーが配され、時針と分針にはロジウムの縁取りが施されている。文字盤のマーカーには、ホワイトとレッドのスーパールミノバが塗布されており、暗闇の中では特に強烈な個性を与える。レッドとホワイトのディテールはケースバックにも施されており、リファレンス・ナンバーがレッドで表示されている。

H.モーザー、ブルーエナメルのダイアルを採用した限定モデルを発表

H.モーザーのヘリテージコレクションに「ヘリテージ・パーペチュアルカレンダー・ミッドナイトブルー・エナメル」が追加された。グラデーションを取り入れたエナメルダイアルを採用し、パーペチュアルカレンダーを備えている。世界限定20本という希少性の高さが、時計愛好家の所有欲を掻き立てる。

图片描述


伝統をたたえる

H.モーザーは、伝統を重んじるヘリテージコレクションに、今回発表された新作「ヘリテージ・パーペチュアルカレンダー・ミッドナイトブルー・エナメル」を追加した。その名が示す通りパーペチュアルカレンダーを備え、深いブルーカラーのエナメルダイアルを採用している。

图片描述

同社が展開するヘリテージコレクションは、1828年から続くブランドの歴史の中でも、特に20世紀初め頃に製作されたポケットウォッチから着想を得て製作されている。丸みを帯びたラウンドケースは懐中時計を彷彿とさせ、比較的細いワイヤーラグとの組み合わせが、古典的な印象と結びつける。1920年台初頭に製作されたアンティークウォッチのフォルムを受け継いでいるのだ。

图片描述

この新作で特筆すべきは、随所に配されたエナメル装飾だ。ケースの側面を取り囲むように窪みがあり、そこに人の手によるエングレービングで格子状のパターンを入れる。その上から半透明のエナメルがインサートされているのだ。明るいブルーのエナメルが、鏡面に磨かれた18Kホワイトゴールドの表面とのコントラストを生んでいる。これは、他ではあまり見られない手法だ。

深みのあるエナメルダイアル

この時計の顔であるダイアルは、ケース側面とは異なる風合いのグラン・フー(高温焼成)エナメルを採用している。グラデーションをつけた「ミッドナイトブルー」は、H.モーザーが初めて取り入れた色だ。同社のお家芸とも言えるフュメダイアルを、古典的なアプローチで際立たせている。

 ダイアルの周囲はレールウェイ・ミニッツトラックが囲み、シンプルな書体のローマ数字がクラシカルな雰囲気を演出。磨き上げられたスペード型の針は視認性に優れている。このデザインも懐中時計を製作していた時代から根本的には変わっていない。

图片描述

全体をシンプルに見せながら機能性を充実させるのも、H.モーザーらしい手法だ。時分針の他に6時位置のスモールセコンドや9時位置のパワーリザーブを備える。また、中心から伸びる短い針がローマ数字を指し示すことで、月を表す。

 3時位置の大きめの窓で示す日付は、こう見えてもパーペチュアルカレンダーである。加えて、時計を外して裏側にする必要があるが、ムーブメント側で4年に1度の閏年をカウントする表示も備えている。

图片描述

現行のヘリテージコレクションの中では異彩を放つ「ヘリテージ・パーペチュアルカレンダー・ミッドナイトブルー・エナメル」は、20本のみが製作される希少な限定モデルだ。手に入れることは困難を極めるだろう。

“時計の概念”を覆す「ラド― トゥルー スクエア フォルマファンタズマ」

图片描述

時計名の「フォルマファンタズマ」とは、オランダを拠点とするデザインユニットの名前。オメガ シーマスターアンドレア・トレマルキ、シモーネ・ファレジンの2人のデザイナーとのコラボモデルは、小さな丸窓からわずかに時・分・秒針の一部を見ることができる非常にユニークなもの。

图片描述

懐中時計のハーフハンターケースを彷彿とさせる意匠でもあるが、ハーフハンターケースのように蓋が開くようには設計されていない。もともと“時間”を目に見えるようにしたのが、懐中時計や腕時計であるが「フォルマファンタズマ」は、それとはやや異なり、時計とは「“貴重な時”を守るもの」というもの。もともとの腕時計のコンセプトすら覆すような、遊び心にあふれた1本となっている。このユニークなコンセプトを、マットグレーを纏った、ハイテクセラミックのスクエア型モノブロックケース&ブレスレットで、芸術作品ともいえる1本にまで昇華させたのは、“マテリアルの名匠”ラド―ならではである。