記事一覧

ロレックス原装ゴムのテープセット

Rolexロレックスは、2015年からヨットの名仕シリーズで新金Oysterfle x表を採用し、ロレックス初のゴム表帯であり、その後、ディ通に配置されている。ブルースに比べてゴムで作ったOysterfle xがより軽くてしなやかであり、皮の表と対照して、その防水、使用寿命はさらに高い。

しかしゴムのバンドを使っている友人は、ゴムの材質が硬くならば着心地が悪い。しかし、ゴムの材質が軟らかく、バンド全体が土砂崩れになる。

この問題を解決するために、Oysterfle xの表帯内には、ロレックスの特許の縦緩衝システム(上図緑色部分)を備えており、表帯本体は依然としてハードゴムを採用しているが、人の手首の部分は非常に軽薄で、着用者の手首の弧を自動的に貼ることができる。さらに快適であるだけでなく、運動時にベルトが簡単に滑りません。

堅固なために、黒のゴムの中には、「チタンニッケル合金」として作られた金属片に包まれており、様々な環境の状況においても影響を受けにくく、長持ちした持ち方もしっかりしている。

中には金属が骨組みを支えているので、Oysterfolxのバンドは裁断できません。使いやすいために、カオイ式には5ミリの伸縮調節スペースがあります。でも、周りの人に対しては、5ミリは全然使えません。

このため、ロレックスOysterfle xは、実は「C、D、E、F、G、H」の6つの異なる長さの規格に分けて、組み合わせて使用することができ、表帯の内側に具体的な寸法コードが表示されている。

店の中で購入するサイズはすべて表示されています。もし交換が必要ならば、代理店にロレックスのサービスセンターを送って、あるいは自分で自分で服服します。このような交換サービスは無料ですが、ゴムのバンドが使用されていないことが保証されています。

ロレックス自身も公式のデータ表を作っており、着用者の具体的な腕周によって、対応するOysterfle xモデルの組み合わせが推奨されている。例えば、ロレックスディパスが持っていて、着用者の腕周が15 - 17ミリで、D - Fの2つのサイズを選択することを提案します。ロレックスのヨットシリーズ、腕周は193 - 204ミリで、F - Hの2つのサイズを選択します。

注意に値するのは、D - Fの順序を変えることができなくて、表殻の6時位置にD、12時位置にFを取り付けます。F - Dにしても、つけてもいいですが、折り畳み表の位置は手首の内側の中央にありません。